細川クロマティしんくんの衝撃動画リスト

◆JPOPランキング◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.北島健二
2.Devon Aoki
3.2nn
4.ヴィヴィアン・キャンベル
5.アントンシク
6.豊臣秀勝
7.メアリー・ブラック
8.スケベ
9.団野村
10.わな

洋楽ランキング
眠れぬ夜の小さなお話 (角川文庫) の「ネコクン」とその友達がおりなす小話集。1話4ページほど。

心あたたまる…と同時に発想が愉快でトんでます(笑)。
原さん自身おんもしろい人なんだろーなー、と思われます。
あの絵だから、面白い話になるんだろうな。

ちなみに、文庫版には書き下ろしが数ページあるのだが、そこにある旦那さんの似顔絵が妙にそっくり(笑

離愁 (角川文庫) 質素で愛想なく、覇気のない藍子叔母。
人生の目的を失ったような叔母。
叔母が亡くなって数年後、叔母の同級生だったという
婦人との出会いがきっかけで、藍子叔母の知られざる
部分を知った主人公。
彼女の影を追ううちに、次第に明らかになっていく
叔母の情熱的な過去と失意。
最後は、とっても切なくなります。
とっても完成度の高い小説でした。脱帽。

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) 1972年の旧ソ連の映画『惑星ソラリス』の原作であることはあまりにも有名である。
アンドレイ・タルコフスキー監督が未来都市の情景として、赤坂見附付近の首都高速の
映像を使ったと聞いて、何だか日本人として得意に思ったものだが、
監督はイメージにあわないが仕方なかったと、後に述懐している、

ところで映画とこの『ソラリス』はどちらもSFとして優れているが、構成や思想などは別物である。
早川書房版での邦訳も有り。こちらは『ソラリスの陽のもとに』のタイトルである。

映画と比較しながら読むのも興が深いのではないか。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アイドル画像ランク

today:002 yesterday:006
TOTAL:2847
Ads by Sitemix